SHUSEI-CLUB OSAKA CENTRAL

守成クラブとは

守成クラブとは / かけがえのない会社を潰してはならない

守成クラブとは、この1点を貫き運営されている商売交流の全国組織です。
単なる異業種交流会とは違い、「商売繁盛」を前面に打ち出し、
「本音で自社をPRし、互いに商売(実利)に徹して売上を伸ばす」事を第一の目的としています。

単なる異業種交流会ではありません。
われわれ中小企業を取り巻く経済環境は日増しに悪化しているのは周知の通り。それは、中央と地方の格差を広げる潮流でもあります。
その激しき流れは、大企業と中小零細企業の格差を更に拡大していることにも繋がります。
国や行政の予算配分、大企業からの仕事にいつも期待してきた私達、その期待の中にあったものとは?

わたしの業界は、法的に守られる......はず
地域で生きる私達だから必ず守られる......はず
私達は弱者であるから守られる......はず

こう信じてきたのが昨日までの私達でもあるのでしょう。
しかしながら、この期待と願いであるはずの「はず」は、時流の中で押し流されてしまったようです。
このような厳しい時代の中、あなたの興した会社を守ること、引き継いだ企業を守り抜くことを目的に、守成クラブが誕生しました。
会員同士が力を合わせ互いのマーケットを拡大すると共に、互いの商売繁盛を目指し実利に徹した商談を積極的に行うものです。 しかもそのネットワークは、全国に広がっていることも大きな特徴です。
日本経済を支えているのは我々中小企業です。行動を起こさなければ何も生まれません。大手企業と違い、我々中小企業には変革・チャレンジへのフットワークの軽さがあります。
1社でできないこともコラボレーションで創造を生みます。会社を守ることは絶え間ない継続への努力を意味し、その為の行動が必要です。

3つの特徴

1.経営者&決済権のあるトップだけが集う商談交流会

2.全国250会場、参加者25,000以上

3.守成クラブへの入会は、会員の紹介が必要

『一人はみんなのために、みんなは一人のために』

新しいチャレンジ、めざすその無垢な心を真っ白な地色に、 そして、
挑む勇気と燃える情熱が真っ赤な文字となりました。
また、「が・ん・ば・れ」の4文字は、伊藤小一創設者の創始の心魂が表現されています。
地域の中小零細弱企業みなさん達よ!がんばれ!負けるな!そんな会長の声が聞こえてきます。

仕事バンバンプラザとは

驚きと実利とパワーがここにはあります。
「安心を売る」・「夢を売る」・「スピードを売る」仕事バンバンプラザでは余計な議論や不要な会議方式をとらず、互いに売上アップに直結させる実利に徹した運営を行います。
勿論、上記の3要素に即した例会を行っています。中小企業経営者が自ら運営する例会「仕事バンバンプラザ」は、ビジネスチャンスを自ら求める積極的な経営並びに経営者に準ずるトップが集う商談交流会です。
例会は、全国の主要都市で毎月1回開催されています。正会員になると全国どこの会場でも参加でき、地域を越えたビジネスマッチングが可能になります。
仕事バンバンプラザは、自社PR、参加者全員との名刺交換会、ブース出展、車座懇談会、商談懇親会などを通して企業トップ自らがビジネスチャンスを広げていけます。
会員は経営者トップであるだけに、素早い反響反応が期待でるのも特徴です。会員のビジネスの繁栄発展を直接的に実践するステージ(場)が仕事バンバンプラザです。
したがって、ここには、地域の既存経営者団体にはない商売繁盛の“がんばれ精神”が満ち溢れています。
地域を越えた商談成功例やコラボレーションが全国の会員間で行われています。また、その内容報告を聞くと私達自身が驚かされることもたびたびです。

守成クラブ6つのお約束

1

「守成クラブ」への入会は、会員の紹介が必要です。

2

健全なる会運営のために、政治的、宗教的かつ非社会的な活動を目的として入会することはできません。

3

仕事バンバンプラザは、中小企業の経営者及びそれに準ずる方で運営されております。

4

仕事バンバンプラザへのゲスト参加(社長およびそれに準ずる方)は大いに歓迎されますが、同一人物の参加は一回のみとさせていただいております。

5

仕事バンバンプラザの良いところは、正会員になってどんどんビジネスチャンスを広めることに尽きます。ひと汗流して会員から一日も早く正会員になりましょう。

6

一人はみんなのために、みんなは一人のために。

セントラル独自ルール

会員同士や非会員とに関わらず、暴力行為やハラスメント、その他公序良俗に反する行為を行った等、本会の品位を損ね本会及び会員に迷惑を及ぼすと世話人が判断し、世話人会の決議により退会相当と判断された場合その会員資格を失う。

会員になるには

ゲストとしての体験から始まります。
体験参加および入会については、紹介者(正会員または準会員)の推薦が必要です。
入会されますと「準会員」として、守成クラブの緑バッヂが貸与されます。
「準会員」は「自分たちのマーケット(市場)づくり」に参加していることを自覚し、ゲストを積極的にお誘いしましょう。
「準会員」がお誘いになったゲスト参加企業が1社以上、入会することによって、「正会員」となります。
「正会員」には、守成クラブの赤バッヂが貸与され、全国すべての会場に自由に参加できます。

会費と参加費について


守成クラブに入会するには、

入会金 11,000円と年会費 19,800円が必要です。
毎月の例会参加費は、7,000円です。

入会金等 振込先は下記の通りです
みずほ銀行 神谷町支店
普通1257198
㈱日本商工振興会 TEL011-211-0720

出発進行!(例会での掛け声)


日本ではじめての鉄道が 明治5年(1872年)に新橋・横浜間に開通しました。
その時に駅長さんが発した『出発進行』という掛け声こそ明治維新の時をつげる声です。
守成クラブに参加する一人ひとりが駅長さんの立場で『出発進行』を全員で元気よくやりたいと思います。
守成クラブの例会に「締め」はありません。今日この出会いこそビジネス・商談の始まりです。
今が前に向かって進んで行く出発の時だと思います。
そういった意味をこめまして、私の掛け声と共に『オー!!』とご唱和下さい。
それでは まいります。
守成クラブ大阪セントラル 『出発進行!!』 オー!!!。

【ご挨拶】守成クラブ大阪セントラル代表世話人 村野 孝



ご挨拶
守成クラブ大阪セントラル会場、代表世話人の村野です。
大阪セントラル会場では「皆で繋ぎあう!」をスローガンに掲げ、会員同士がお互いを深く知り、そのような会員同士の交流こそが、相互ビジネスの発展を創造すると考えております。

会員一人一人が守成クラブの主役のメンバーとして交流できる会場づくりを、日々試行錯誤して例会を実施しております。

守成クラブ大阪セントラル会場が、会員全員にとって、時代の流れに後れを取らず、皆が前に向かって進んで行ける商談交流の「出発の場所」であり続けるよう一層の努力を行っていく事をここに決意表明し、私のご挨拶とさせていただきます。

守成クラブ大阪セントラル会場
代表世話人 村野 孝

組織概要

組織名 守成クラブ大阪セントラル
設立 2014年5月

<役員 紹介>
■代表世話人■
(有)村野工房 村野 孝

■副代表■
大官(株) 西 大輔

■事務局■
est 東 鮎美
(株)SIS 西岡 亮

■会計■
painthouse NEXUS 澤原 義知

■世話人■
大匠ハウス(株) 大西 智之